検査入院1日目:血糖測定&4分割食スタート【妊娠糖尿病】

※この記事群は、入院中の経過や思ったことを、つらつら書いているものです。(入院中に書いたメモを、退院後に編集→公開してます)
「入院して結局どうなったのか」的なまとめは、現在別に作成中です。

始まりました、妊娠糖尿病の精査のための入院です。
予定は3泊4日とのことで、キャリーケースに着替えなど詰めて病院に来ました。
一応、1日のびても大丈夫なくらいの着替えは用意しておきました。

手術でも何でもないので、何となく旅行気分だったりもします。お仕着せのパジャマやタオルも借りません。なるべく自分で普段通り生活したい。

スポンサーリンク

病棟に行きます

午後、指定の時刻に病棟に着きました。

まずは病棟クラーク(事務)さんによる入院手続き、身長体重の測定、テレビや冷蔵庫なんかの設備説明。
その後、看護師さんから、入院中にやること色々説明。

入院担当医の先生も来られ、薬剤師さんも薬の確認に来られ、割と忙しいです。

さっそく血糖測定

メインイベント・血糖値の測定は、15時から早速開始しました。
指先に専用の穿刺器具を当てて、パチンと刺して血を出して、測定器のチップに吸わせて測ります。
着いて一時間もしないうちに刺されてます(爆)

この血糖測定を、1日6回。
普通の糖尿病と比べ、血糖値の割に?回数が多く、目標値も厳しいとのこと。
妊娠中だけなので、何とか乗り切りたいものです。

他にやること、インスリンの練習など

インスリン=血糖値を下げる自己注射の打ち方も、今回導入するしないにかかわらず、入院中に練習しとくそうです。
この先必要になった場合に、外来でさくっと始められるように、とのこと。

あとは、入院中は蓄尿するだとか、

眼科受診もあるよ! 散瞳して眼底検査するよ! とか。

わりかし忙しそうです。

食事は4分割で開始

食事は、担当の先生が来た時に「つわりが少し残ってて、いま4分割みたいな食べ方をしてて」と話をしたら、病院食も4分割にしてもらえました。わーいよかった!

どのみち3食で食後の血糖値が高いようなら、分割食の検討対象にはなるそうです。
まして私の場合、血糖値が食後にきゅーっと上がるタイプみたいなので、分割食は有効な可能性が高いです。(と先生も言ってた)

というわけで、食事は1回の量が減って、回数が増えます。
3食+おやつ、って感じになるようです。

夕飯、米が多い!

というわけで、夕飯は四分割バージョンでしたが。

それでも、米が多い!(ちなみに麦ご飯)
普段食べてる量の1.5倍くらいないかこれ。最近おそるおそる食べてたのと比べると、もはや2倍くらい?

胎児のエネルギー源は糖分なのでしっかり摂らねばならない、かつ妊娠中の必要エネルギー量を計算してこの量だそうですが、、
確かにこれは、驚く人は多そうです。
本とか見てるだけではピンとこないものが、実食するとイメージ湧きます。

おかずは、最近これくらい食べれてる、と思う量。
さば一切れで一食分のタンパク質が足りちゃうんだなあ、というのは発見です。(他の食材にも、ある程度含まれるだろうけど)

塩分は、一食で1.9gってことは、単純計算で1日6g食?
とするとかなり絞られてますが、普段自分で作る食事も薄味に寄せてるせいか、とくに物足りなさは感じないです。
香り付けも上手なんでしょうね、柚子味噌とか。

もう、毎食写真撮る! メニューを書いた紙も付けてくれるから、漏れなく持ち帰る!
これも今回の入院のメインイベントです。

夜は早めです

合間に荷物の整理もするし、シャワー室を予約して入ってきたりもして。(介助が不要な人は、30分刻みの予約枠で好きな時間に入れました)
入院1日目、怒濤の午後が過ぎました。くたびれた。
 

病棟は消灯22時・起床6時なので、朝型の私にはぴったりな生活時間です。

おやすみなさいませ。
 

次の記事▼

検査入院2日目:5分割食に変更、眼科検査も【妊娠糖尿病】
検査入院二日目の朝です。 環境が変わってあまり寝られないだろうな、と思ってはいましたが、やっぱり結構音が気になりますね。 同室の人が寝返...

コメント

タイトルとURLをコピーしました