生後1日、母子同室開始【予定帝王切開】

帝王切開で入院した時の記録です。入院しながら書いたものを、後日まとめています。

帝王切開手術から一夜明けて、子は生後1日目。私の方は、夜間に授乳で何度も起きたとはいえ、意外と元気です。
まだ安静解除されてないため、赤子はスタッフ室で預かってくれているので、これもあって余裕ある模様。

スポンサーリンク

6:00、自分の状態

採血、検温、血圧、血糖値、おなかと背中チェック。
おなかが赤くなってるそうだけど、痛くもかゆくもないため様子見。

飲水許可でた。
体ももう起こして良くなったので、ベッドアップして顔ふきと歯磨き。
 

ところで左人差し指にサチュレーションモニタが付いてるんだけど、圧迫されすぎたのか、指の腹が痺れたようになってる。
勝手に中指に替えて、人差し指は勝手に様子見。

低血糖きた

この6時の血糖値が61、再検でも63だった。
気分は何ともないが、グルコレスキューを飲む。(パウチに入ったゼリー状のブドウ糖です)(注射にする? と選択肢を出されたけど、口から食べたかった)

グルコレスキュー、なかなか濃ゆいので、水と交互に服用。
とろみがあるのも手伝ってか、カラメルソースに似て感じた。香ばしくはないけど。
 

30分後再検して、血糖値は90に回復。よしよし。

朝の授乳

7時すぎだったか授乳。体を起こしてクッション当てて、右だけ。
前後して、背中に入ってる痛み止めのレスキューを押してみた。

8:00カロナール内服。(歩くのに備えて)

色んな人が様子を見に来る

8:30頃か、主治医先生がきた。
おなかチェック(子宮の縮み具合と傷口)、ガス出たかどうかを口頭で確認。
採血の結果、貧血大丈夫なので、今のところ鉄剤はストップと。

手術室の看護師さんも、おなか等の様子見に。

9時すぎには麻酔科の回診。気持ち悪い等ないか・変なしびれはないか。

薬剤師さんからは、子のケイツーシロップの説明があった。

安静解除! 母子同室開始

10:30すぎ、歩行練習からの、尿チューブ抜去。
心電図やモニターも外れた。
点滴と背中の痛み止めは残ってるけど、だいぶ身軽になった!

授乳して、そのまま母子同室開始。
・・・何してやればいいんだろう、とりあえずおしめの世話とおっぱいだよね、うん。(手探り)

食事も再開

昼食から食事再開、最初は全粥+やわらかおかずで。
食後、腹が多少グーグー言うけど、妊娠中ほどじゃない。

このあと尿チューブ抜け後の初トイレ、助産師さん付き添いでと言われていたのでナースコールして付き添ってもらう。

夕食後の血糖値

眠前の血糖値が、夕食後2時間後くらいの時刻に測定して、157だった。
妊娠中ならば「高い!!」となる数値だけど、この入院中は「200を超えてたらインスリン打つ」との指示だそうで、何もせず。
こんなところでも妊娠終了したことを実感。

夜間の授乳

前夜から2~3時間おきに授乳を続けていたら、頑張りすぎてない? 大丈夫? と心配されてしまった。
思ったより元気な気がするけど、これでも手術したばっかりだし、飛ばしすぎて息切れしてもいけないし・・・
とか考えた結果、夜間は子は預けて、授乳だけ連れてきて貰うことに。

夜間は3時間おきに授乳。
記録を見返すと、およそ左右10分ずつ吸わせている。(子もそれくらいの体力はあるって事)

泣いちゃっておっぱい離すから、もう終わり?と思って反対へ行ったり
10分ほどで離して泣いて、プププとか音するからうんちかと思ったら違ってたり
苦しくて離してる場合もありそうだから、泣いてたら落ち着かせてから吸わせた方がいいな・・・と思ったり
まだまだお互い手探り。

授乳クッションを使った姿勢の取り方は、適宜助産師さんに見てもらっている。
慣れない姿勢と緊張感で背中がガチガチである。
赤子の頭を支える手もガクガク。
やらなきゃこのいきものは生きて行けない、みたいな使命感だけで頑張ってる感じ。
 

続きます▼

404 NOT FOUND | 妊活覚え書きブログ
胚移植4回目で出産に至りました。母および、子の新生児期までの記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました