手術当日:7時以降絶飲食。午後から手術【子宮筋腫の腹腔鏡手術日記】

この記事は、小説サイト「空の箱庭」の日記ページに書いたものを再編集しました。
2014年に、腹腔鏡(+子宮鏡)で子宮筋腫の手術を受けた覚え書きです。

手術当日は、7時から飲水も不可になります。早めに起きてお茶を飲んでおきました。
下剤の効果で、朝にもりもりっとお通じがありました。
 

朝のうちに、術衣(前開きの浴衣みたいなの)に着替えます。胸がはだけてくるので、髪留めクリップで止めてみたり。
それから、駄目押しで浣腸の処置がありました。
その後、水分補給の点滴をつなぎます。
 

あとは手術室から呼ばれるまで、ひたすら待機です。予定では13:30入室といわれていました。
主人と母が来てくれて、喋りながら待ってました。
途中で看護師さんが、点滴の様子を見に来たり、体温・血圧を測りに来たり。

12時頃、弾性ストッキングをはいておくように言われて、装着しました。
市販の着圧ソックスと比べて、医療用は締め付けがきつい!
 

13:50頃に声がかかって、看護師さんと手術室へ移動。14:10入室。
予定より40分遅れでした。まあまあ順調な方なのでしょう。

手術室の看護師さんに誘導されて手術台に上がって、布団を掛けられて着ているものを脱いで、並行してモニターやら脳波やら色々付けられ(みんな手早い!)、麻酔科の先生が「よろしくお願いしますー」とニコニコ挨拶され、
痛み止めを流し始めました→眠くなる薬を流します、でストンと寝て(頑張って目を開けてみようとしたけど全然ダメです)、
 

気が付いたら「わかりますかー、終わりましたよー」と言われてました。喉の管も、この時点で抜かれていたのか、何か入っている感じはしませんでした。
執刀の先生が「きれいに取れたよ」とビニル袋をふたつ見せてくれたけど、気を抜くと目が閉じてしまう。。
 

麻酔による気持ち悪さは全くなくて、めちゃくちゃ寒くてガチガチ震えていたのと(麻酔してると体温調節の機能が落ちるそうです。電気毛布掛けてもらってだんだんおさまった)、
ひどい生理痛のごとく下腹部がガンガン痛いのと(そりゃ切ったんだからな、でもイタイ)、
とりあえず二点でした。

術後はお見舞いメンバーが、主人の両親が加わり四人になっていました。
冷えてる手足をあったかい手で触ってくれて、じんわりしました。
 

尿量が少なめとのことで、点滴一本追加。その後順調に出ていたようです。体が冷えると尿を作る機能も低下するとか。

下腹痛は、坐薬を入れて効かず、時間をおいてから注射を使って、少しマシになりつつ眠気も出て、少し気持ち悪くなるのを意識しないようにして、ウトウトできました。
 

意識や体の重さは、夜中のうちにだんだん取れてきて、自分に戻ってきたなって感じがしました。
途中から、自分でどんどん寝返りしてねと言われ、腹を気にしながらモゾモゾしてました。
 

続く▼

術後1日目:食事再開、持続点滴終了【子宮筋腫の腹腔鏡手術日記】
病室(観察室)は東向きのようで、夜が明けるとカーテン越しにけっこう明るくて、生き返った感じがしました。窓際のベッドだったので余計に。   朝、ま...

コメント