術後2日目:シャワー解禁、点滴全て終了【子宮筋腫の腹腔鏡手術日記】

この記事は、小説サイト「空の箱庭」の日記ページに書いたものを再編集しました。
2014年に、腹腔鏡(+子宮鏡)で子宮筋腫の手術を受けた覚え書きです。

術後に普通の病室で過ごす一夜目が明けました。
寝返りを打つときに目を覚ますので(おなかを気にしながら、なので)、細切れ気味だけど眠ることはできました。

朝食は普通食へ。完食。
 

この日からシャワー解禁で、9:30~10:00の枠で浴びてきてサッパリしました。

シャワーの時、左腕のルートの保護は、不便&気になりです。
看護師さんにビニールを巻いてもらうんですが、どんなに気を付けても、どこからか水が入ってしまいます。

これはどうしても入ってしまうものなんだそうで、たまーに入らなかったときは、「おぉっ!」と感動したりするんだそう。
ちなみに皮膚への刺入部は、透明テープ(フィルム)でぴったり覆ってあるので、多少濡れても感染とかの危険はありません。
 

昼食時に主人が来て(休日でした)、デイルームへ行って食事。ベッドで食べるより良いなと思いました。その後、義母も来てくれました。

午後イチで検温、血圧測定、おなかのチェック。
お腹に貼ってあった小さい絆創膏が外れました。針穴程度の傷に貼ってあったそうです。

腸の動きはまだ不規則だそうで、明日になっても便通がないようなら考えなきゃねーとのこと。下剤か? 下剤なのか?

おなかを自分でマッサージしてみるよう言われ、やってみます。
 

14時から、外来ロビーで歌のコンサートがあるというので、行ってきました。こうして病院などをコンサートで回っているのだそう。いい声で、聴いてるだけで元気が出ました。
ピアノ伴奏の方は、上手な上に美人さんでした。

「みんなで歌おう」のコーナーもあり、その時に体操も入ったりして、背中が痛いのがちょっとほぐれた気がしました。(手術時に足側を上げた体勢にされる関係で、筋肉痛が起きるそうです)
 

夜の抗生剤点滴後、抜針。フィルムも丁寧にはがしてくれて、全然痛くありませんでした。
 

テレビを見る気になり、フィギュアスケートの女子フリーを見ながら、パイプ椅子に座って編み物。ここでも調子が戻ってきたことを実感します。

食事は、テーブルをベッド脇に持ってきて、ベッドの端に腰掛けて食べると具合がいいことに気付きました。
マットレスがふかふかして、正座して食べてると落ち着かないのです。
 

続く▼

術後3日目:便通が戻る。散歩しまくる【子宮筋腫の腹腔鏡手術日記】
いまひとつ、朝までぐっすり、といきません。 寝返り云々もそうだけど、昼間の活動が足りないのかもしれない。   この日の朝、術後初めて便通があり...

コメント