【分割期胚移植】今回のスケジュールや薬の覚え書き【移植4回目】

私が今まで3回受けた胚移植は、「胚盤胞」移植でした。受精後6日間ほど育てた受精卵を戻すものです。

4回目の今回は「分割期胚」移植。受精翌日くらいの、細胞4つに分裂した状態の受精卵を戻します。

移植の処置自体は同じですが、胚盤胞の時とはスケジュールや前処置が少し違ったので、ちょっと書こうと思います。(※あくまで体験談の覚え書きです)

スポンサーリンク

今回の日程

月経開始日を1日目とします。

day1 生理開始
day13 受診 (E2、LH採血)
    ブセレキュア点鼻薬 18時※ 3プッシュ
day15 デュファストン錠5mg※※ 1回2錠 15時、23時
day16 同 7時

day16 午後 分割期胚移植 (P4採血)
day16- アスピリン錠100mg/日
    ルティナス膣錠100mg 1錠/寝る前
    エストラーナテープ0.72mg 1枚/隔日

day27 妊娠判定(予定)

今回の薬や受診について

そういえば、月経中の受診とレトロゾール内服は、今回はなかったですね。まあ順調に排卵まで行ってれば、それで良いのですが。

ブセレキュア点鼻薬は、以前は23時でしたが、今回は18時。
採血でのLHの数値によって、時刻を調節しているらしい、と今回初めて察しました。

※※デュファストン錠は、今回初めて出ました。黄体ホルモン補充の薬です。E2の立ち上がりが悪いから、移植に備えて出た・・・? (詳しくは聞けてません)
およそ8時間おきに服用、ですが、多少時刻がズレても大丈夫だそうです。23時は眠いから22時にする!

ルティナスとエストラーナは、移植した日から始まりました。胚盤胞移植の時より3日ほど早いです。

胚盤胞移植との大きな違い

分割期胚移植では、SEET法(子宮内に胚の培養液を入れて、内膜を刺激する)を行わないのが、胚盤胞移植との最大の違いだなと思いました。
早い時期に胚を戻すので、自力で子宮内膜を刺激する何ものかが出る、という事だと思います。

大きな違いはこれだけ、かな。

というわけで(あとがき)

胚移植4回目が済みました。さすがに慣れてきた(爆)

あとは神のみぞ知る。
 

薬など詳しくは▼

【凍結胚移植】日程と投薬の覚え書き【痛くないよ!】
今度は痛くない! 面倒だけど! (←こら) というわけで続きです。 ※2018/12 不育症検査と2回目の胚移植を受けて追記しました ※2...
【凍結胚移植】前処置と当日とその後の体調【ほとんど痛くないよ!】
胚移植の体験談の続きです。 今回行うのは、胚盤胞移植。受精後5日ほど育てたものです。最も状態の良い物を戻します。 ※2018/12 2回目の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました