歯の状態によって、適した歯ブラシ・歯間掃除グッズは違うそうです~わりと健康な場合は?

歯科衛生士さん曰く「どんな歯ブラシが良いですかとよく聞かれるけれど、歯の状態によって違うので、見せていただかないと中々アドバイスできないんですよー」とのこと。
今回、クリーニングの時に丁寧に説明していただいて、良く分かった気分になっているので、覚え書きです。

スポンサーリンク

前提:私の歯の状態

以下のアドバイスの前提となる、私の歯の状態はこんな感じです。
 ・歯並びはきれいな方
 ・歯周ポケットちょっぴり

全体として私は、まあ健康な状態と思って良いらしいです。
ありがたや。

歯ブラシ

選び方

歯ブラシは、毛先の切りそろえが平らなものを勧められました。
毛先の細い歯ブラシでなく、ごく普通の物です。

毛先の細い歯ブラシは、歯周ポケットがもっと深くなってしまっていたら適応みたいです。
あと、歯間ブラシは、健康な歯間ならば使わない方が良い、とのこと。(無理に入れると傷めるそうです。フロスの適応)

使い方

ブラッシングは、歯と歯ぐきの境目を意識すると、歯周ポケットに溜まった汚れも取れると言われました。
歯の裏は、歯ブラシを立てて磨くと良いそうです。

悪化するときの流れとしては、
 歯周ポケットに汚れが溜まる(この時点では歯ブラシで取れる)
  ↓
 汚れが歯石化する(機械でないと取れない)
  ↓
 虫歯の原因・歯ぐきの腫れる原因
とのこと。

やみくもに歯と歯ぐきの境をゴシゴシやるんでなく、歯ブラシの角度を工夫して、歯ぐきとの隙間に毛先が当たるようにすると良さそうだ、と思いました。

フロス

選び方

フロスはワックス付きを選ぶと良いそうです。
細かい汚れもからめとってくれるとのこと。
糸ようじ程度だと、歯の表面のザラザラまでは取れないそうです。

使い方

歯に沿って、こそげるように、上下にフロスを動かします。
私は歯周ポケットのできかけが数か所ありますが、そこは特に、歯ぐきの中までフロスが入るので、入る所までフロス掃除をします。
無理すると歯ぐきを傷めるので、あくまで入る所まで、です。

歯の掃除を見直すのは、できれば余裕のあるうちに!

以前歯医者に行っていたときも、ブラッシング指導はされてたと思うんですが、忙しさに紛れてか、あんまり覚えていないんですよね。

いまは不妊治療の谷間で余裕があるので、今のうちにツボを押さえた手入れを身に付ければ、妊娠・出産後も安心、かもしれない! 子供にも教えられるかもしれない!
と思って、足りないところを身に付け中です。

コメント