凍結胚移植3回目を受けてきました

今月は滞りなく移植まで来ました、文月です。
今回も胚盤胞移植です。
 

やることは今までと同じなんですが、診察前、なぜかかなり緊張していました。
心臓はバクバクするし、手汗を握りしめる勢い。

これまで2回うまくいかなくて、今回はどうなるだろうと考えすぎていたのか、
胚盤胞は今回分が最後だからか(もうひとつ分割期胚が残っているけど)、
単純に眠かったのか(←半端に眠いと過敏になるタイプ)・・・
 

という感じでしたが、処置室に通される頃にはだいぶ落ち着きました。
で、移植が終わってしまえば、あとは神のみぞ知る。
うまくいっても行かなくても受け止めるだけです。

というわけで、やる事やったら落ち着きました。
オヤツ食べて帰りました。
 

ちなみに今回、おなかの奥にチューブが通るときの鈍い痛みは、今までで一番感じませんでした。
緊張しつつも、「逃がし方」は心得てきたようです。
 

関連記事

【凍結胚移植】日程と投薬の覚え書き【痛くないよ!】
今度は痛くない! 面倒だけど! (←こら) というわけで続きです。 ※2018/12 不育症検査と2回目の胚移植を受けて追記しました ※2...
【凍結胚移植】前処置と当日とその後の体調【ほとんど痛くないよ!】
胚移植の体験談の続きです。 今回行うのは、胚盤胞移植。受精後5日ほど育てたものです。最も状態の良い物を戻します。 ※2018/12 2回目の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました